xInterface Group

オーグメンテッド・インタフェースグループ(Augmented Interface Research Group, xInterface)のホームページへようこそ!xInterfaceグループは 北陸先端科学技術大学院大学・先端科学技術研究科・ヒューマンライフデザイン領域に所属しています. これは 謝浩然講師 をはじめとした研究グループであり,「人間のあらゆる能力を拡張させるインタフェース」を開拓し,コンピュータグラフィクス(CG),ヒューマン・コンピュータ・インタラクション(HCI)や 人間拡張の分野融合研究を行っています.

大学院進学や研究室配属の前であっても,xInterface研究(以下の研究トピック)に興味のある方は遠慮なく謝までメールにてにご連絡ください.(メールアドレスは xie “at” jaist.ac.jp). 簡単な研究紹介について研究室ガイドをご参照ください.(日本語 / 英語)

創造の拡張

深層生成モデルを代表とするデータ駆動型手法を用いることでコンテンツの制作支援インタフェースの実現を目指しています.

空間の拡張

XR空間コンピューティング技術で現実空間と仮想空間をシームレスに繋ぎ,創造活動支援インタフェースの実現を目指しています.

人間の拡張

人工知能AI,情報技術ICTやロボット技術を活用して人間自身の能力を回復・増幅する拡張インタフェースの研究開発を目指しています.

研究ビジョン

未来社会(Society 5.0)におけるオーグメンテッド(X)インタフェースの研究(Youtube)を目指しています. 研究ビジョンとしては,サイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させる技術による創造力,認知能力や身体的能力を拡張し,誰もが夢を追求できる人生を楽しめる未来社会の実現を目指しています.